私は、以前国内でも数多くある有名なファミリーレストランの店舗で、ウェイトレスのアルバイトをしていた事があります。

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

私は、以前国内でも数多くある有名なファミリーレストランの店舗で

● 33歳 : 女性の話
私は、以前国内でも数多くある有名なファミリーレストランの店舗で、ウェイトレスのアルバイトをしていた事があります。
ファミリーレストランは特にランチタイムや土日のディナータイムなどの忙しい時間はとてもハードな仕事ですが、その分やりがいも大きく、私はこのアルバイトを学生時代5年間続けていました。
そのファミリーレストランでは、接客用語が沢山ありました。
やはりお客様が食事をする為に訪れる場所なので、不快な思いをさせない為の配慮として、例えばお手洗いや休憩は特殊な用語で話す事が義務づけられていました。

その頃、アルバイト仲間と休日に飲みに行ったり遊びにいったりすると、その接客用語を皆普通に使用していて、日常でも使っていました。
例えばお手洗いの事を用語では「三番」と呼んでいましたが、自分がお手洗いに行く時に「三番行ってくるね」と、飲み会では言っていました。

関連サイト

Copyright (C)2017日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ.All rights reserved.