人とは不思議なもので、仕事でしている事だとよく目に付いたり、気になって仕方がなくなったりすることが良くあります。

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

人とは不思議なもので

● 20歳 : 男性の話
人とは不思議なもので、仕事でしている事だとよく目に付いたり、気になって仕方がなくなったりすることが良くあります。
私は以前、とある書店でアルバイトをしていました。
本というのはお客様が手に取り、時には中身を見て購入を決めるものです。
なので、売り場や商品が乱れることがよくあります。当然、それを整理し直すのも大きな仕事の一つでした。
仕事でそれをしていると、日常生活でも不思議と影響が出るもので、私の場合は商品を元の場所に戻すのはもちろん、売り場や商品が乱れているとつい直したくなる衝動によく駆られます。一見そこまでの癖ではないのですが、一つ直してしまうと別のところも気になりと永遠繰り返しては一緒に来ていた友人に呆れられ、場合によってはとても恥ずかしい思いをした経験もあります。
私のように衝動のままにやりすぎる事はあまりないにせよ、バイト先のクセというのは実に多くの人が持っています。それは『仕事』というモノに人が真面目な姿勢を持つからだと私は考えています。その人がどれほど仕事を真面目に捉えているかが現れている。一種のステータスと言えるのではないでしょうか。

Copyright (C)2017日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ.All rights reserved.