私はコンビニ店員をしています。

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

私はコンビニ店員をしています

● 22歳 : 男性の話
私はコンビニ店員をしています。コンビニは意外と仕事が多く、いろんなことを習得しました。

他のコンビニに行くと、自分が働いているコンビニと比較してしまいます。例えば、コンビニの仕事の一つに、飲み物の名前が正面から見やすいように回転させるフェイスアップという仕事がありますが、それができていないコンビニに入店したとき、つい店員になった気分になってフェイスアップしたくなります。また、お客さんが入って来るたびにいらっしゃいませと言う癖がついているので、間違えて言いそうになってしまうときも多々あります。その他にも、レジをしている時は言葉遣いに気をつけているので、〜でございます、〜ませなど、日常生活で丁寧な言葉遣いをするときも多いです。
必ずしもそういった癖は悪いものではないので、困ったことは無く逆にいいこともあります。
コンビニで働いていると、他店とどう違うのか気になり、他店に入ったときは何の商品を買おうかということを考えず、この店は仕事がちゃんとできているかをみてしまいます。

関連サイト

Copyright (C)2017日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ.All rights reserved.