日常でもつい使ってしまうバイト先のクセは、飲み会などでお酒のグラスに水滴がついていると拭いてしまうことです。

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセは

● 30歳 : 女性の話
日常でもつい使ってしまうバイト先のクセは、飲み会などでお酒のグラスに水滴がついていると拭いてしまうことです。
バーで働いているので、相手のお酒を気にしてしまうクセがあります。
お酒の残りが少なくなると新しいお酒を勧めてしまいますし、新しいお酒を用意したくなります。周りから見れば気が利くように見えるようですが、会話よりもお酒の方に意識がいってしまうので非常に困ります。会話に集中したいときでもついお酒を見てしまうのです。
お酒のグラスがコースターにきちんとのっているかどうかも気になります。ついつい相手が見ていないときにこっそり戻してしまうのです。

なぜこのような行動をしてしまうのかというと、相手が快適にお酒を飲める空間を作りたいと考えてしまうのです。
プライベートでお酒を飲んでいる時くらいはそのようなことを考えずにゆっくりとお酒を楽しみたいです。
この他にも帰り際にはさよならではなくお疲れ様ですと言ってしまうときがあります。

Copyright (C)2017日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ.All rights reserved.