私も、学生時代にはいくつかアルバイトをしていました。

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

私も、学生時代にはいくつかアルバイトをしていました

● 34歳 : 女性の話
私も、学生時代にはいくつかアルバイトをしていました。
中でも、本屋でのアルバイトは4年近くしていたので、アルバイト時代に身についたことで、癖になってしまったことがたくさんあります。
まず一つ目は、本屋に行った時には、平積みになっている本の上に、違う本が置いてあると、きちんと元の場所に戻すということを無意識に行っていました。
本屋でバイトをしていた時は、とにかく本を元に戻さないお客さんにいらいらしたものです。
そのため、今でも本が元の位置に戻っていない時は、平積みの本を綺麗に整頓してしまいます。また、棚に並べてある本も、あいうえお順や本の高さ順にならびかえてしまうことを、無意識のうちにやっているようです。
これは、自分では気がつかなかったのですが、友達に指摘されて気付きました。
知らぬうちに、クセというか身についてしまったのですね。
本屋での本の陳列は、やはりきれいに並んでいると見た目にもいいですが、売り上げにもつながってきます。なので、皆さんも本を立ち読みする時には、読んだ本は必ず元の位置に戻してあげてくださいね。

Copyright (C)2017日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ.All rights reserved.