私のアルバイト経験は乏しいですが、電話応対や窓口での接客を数年しました。

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

私のアルバイト経験は乏しいですが

● 37歳 : 女性の話
私のアルバイト経験は乏しいですが、電話応対や窓口での接客を数年しました。
この頃は自宅でボケッとしている時に電話がかかってくると頭が回らず、つい「はい、○○です」とアルバイト先の会社名を名乗ってしまい、相手に驚かれてしまったことが数回あります。あとは、とっても良い癖だと思うのですが、窓口でいつもニッコリしていたので、人と接する時に自然と笑顔がでてきます。親にも窓口のアルバイトをしてから、「笑顔が変わった、前より笑顔が出ていていいね」と褒められていました。
ですが、必要以上の笑顔は駄目ですね。目が合うとニッコリしてしまうクセが付いてしまい、道を歩いていて目が合った叔母様についニッコリしてしまいました。
その方は「あんた、なに!なんなの!?」と怒ってしまいました。
なんだかとってもショックでしたが、見ず知らずの人に分けもわからずニッコリされたら、気持ち悪いですよね。それ以来、気をつけるようになりました。

後は、金融機関で入金業務のバイトをしていたときの事です。
先輩たちは、すごいスピードでお金を数えた後、最後にお札を指ではじいてパァーンとならします。かっこいいと思い、はじき方を教えてもらい、練習の成果がありかっこよくならす事が出来るようになりました。
そのバイトは辞めましたが、いまだにプライベートで数枚のお札を数える時はつい無意識にパァーンとならしてしまい、周りの人に「え!?」という顔をされ恥ずかしい思いをしています。

関連サイト

Copyright (C)2017日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ.All rights reserved.