私は学生の頃に、家庭教師のアルバイトをやっていました。

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ

私は学生の頃に、家庭教師のアルバイトをやっていました

● 32歳 : 女性の話
私は学生の頃に、家庭教師のアルバイトをやっていました。
そのため、その頃のくせはすぐに説明口調になって、図を描いてしまうことでした。

子供を教えるときには、口でいうだけでは理解を得られないので、ノートに図解でいろいろ書き込んで教えるというのが、私の家庭教師先での教え方だったのです。
それを部活やサークルなどでも行い、日常会話でもノートを取り出して、説明するので周りからは「そのくせは子供に対しては有効かもしれないけど、同世代や上の年齢の人からしたらあまり良い気がしないから止めたほうがいいよ」と何度も注意されてしまいました。

でも描いたほうが自分でも話しながら理解しやすいため、本当に直すのに苦労しました。

社会人になって、ノートを持ち歩くことがなくなってからは自然とそのくせは直りましたが、今はまた子供の勉強を見るようになってそのくせが復活しつつあります。

日常でもつい使ってしまうバイト先のクセというと

● 38歳 : 男性の話
日常でもつい使ってしまうバイト先のクセというと、私は学生のときに焼肉屋でフロアのアルバイトをしていたため、飲食店に行くとどうしても食べた食器を片付けたり、テーブルを拭いてしまったりするのです。
私がアルバイトをしていて、食い散らかしていくお客さんには非常に困ったので、そのときの教訓でもあるのですが、お客だからといってお店でなにをしていいというわけではないなと思っていました。
そのため、自分がお客さんになったときでも仕事をしている人の負担を減らそうと、ついつい片付けやテーブルふきなどをしてしまうのです。

家族で飲食店に行くときはべつにいいのですが、会社の人や取引先の人と食事にいったときまで片付けようと手が動いてしまうのですよね。ついついやってしまうのですが、今のところおおむね「マナーがいいですね」と良いほうにとってもらえています。ですが、後輩などと食事に行った時にそれをやると「先輩、飲食店でバイトしていましたね」とからかわれるので、もうそろそろこのクセは直したほうがいいと思っています。

Copyright (C)2016日常でもつい使ってしまうバイト先のクセ.All rights reserved.